So-net無料ブログ作成

マラソン世界新記録と世界最高記録の違いは? [徒然日記]

昨日行われたベルリン・マラソンで、デニス・キメット(ケニア)さんが2時間257秒の世界新記録で優勝しましたが、以前は、マラソン競技に「世界新記録」という呼び方はなく、「世界最高記録」と呼ばれていたのをご存知でしょうか?

マラソン競技はコースによって条件が異なるため、国際陸上競技連盟(国際陸連=IAAF)が記録公認をしていなかったからだそうですが、「新記録」と「最高記録」って言葉の上からは、そういった理由を表せていないですよね・・・[ふらふら]



2004年からは、国際陸連は記録公認条件を整備したため、この条件に従ったレースについては、記録を公認しています。したがって、世界新記録という言い方も(公認コースである限り)可能になっています。



ここまで来ると、2時間を切るのが目前だと思えてきますが、そうでもないそうです。



生理学的な因子である、最大酸素摂取量、乳酸性作業閾(いき)値、ランニングエコノミーのうち、最大酸素摂取量はこれ以上伸びないとされているためです。



 とはいえ、記録更新は話題になりますよねー。アフリカの選手が強い競技ですが、日本の選手も上位に食い込むことが多いので、期待しちゃいます。



 そういえば、わんきちも再来月に10kmのマラソン大会に出ます。わんきちは記録にこだわらず、楽しく完走を目指す派です(きっぱり)。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。